本文へスキップ

楽古文
徒然草 仁和寺にある法師 問題  
     仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を (第五二段)


 仁和寺にある法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心憂くおぼえて、あるとき思ひ立ちて、ただ一人徒歩よりまうでけり。
極楽寺、高良などを拝みて、かばかりと心得て、帰りにけり。
 さて、かたへの人に会ひて、「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに、
山へ登りしは、何事かありけむ。ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。」とぞ言ひける。
 少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。

問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)徒歩     かち
 2)本意     ほい
 3)先達     せんだつ


2 下線部の係助詞の結びの語を指摘して、文法的に説明しなさい。
 1)聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。     けれ・過去の助動詞「けり」の已然形
 2)山へ登りしは、何事ありけむ。        けむ・過去推量の助動詞「けむ」の連体形
 3)神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。 なれ・断定の助動詞「なり」の已然形


3 下線部の動詞の活用の種類と活用形を答えなさい。
 1)石清水を拝まざりければ、心憂くおぼえて    ヤ行下二段活用・連用形
 2)かばかりと心得て、帰りにけり。        ア行下二段活用・連用形
 3)年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。      ラ行変格活用・連用形
 4)聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。     サ行変格活用・連用形


4 下線部の語の文中での意味を書きなさい。
 1)かばかりと心得て、帰りにけり。         これだけ
 2)年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。      長年の間
 3)神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。  本来の目的


5 下線部を現代語訳しなさい。
 1)年寄るまで石清水を拝まざりければ、心憂くおぼえて  情けなく思われて
 2)参りたる人ごとに、山へ登りしは、何事かありけむ。   何事があったのだろうか
 3)ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて   行ってみたかったが
 4)少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。      案内者はいてほしいものである


6 法師の「年ごろ思ひつること」とは、どんなことか。
   石清水に参詣すること

7 「神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。」について
 1)法師はどういう気持ちでこう言ったのか。
    自分の目的は石清水に参詣することであり、見物を楽しむために行ったのではないと、まじめさを強調する気持ち
 2)実際には山に登らなかったことでどうなったのか。
    石清水八幡宮の本殿は山上にあるので、石清水への参詣を果たさずに帰ったことになった。

8 作者の感想が述べられている部分を抜き出しなさい。
   少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。

徒然草  一覧

練習問題 一覧


ナビゲーション