本文へスキップ

楽古文
徒然草 これも仁和寺の法師 問題  
     これも仁和寺の法師、童の法師にならむとする (第五三段)


 これも仁和寺の法師、童の法師にならむとする名残とて、おのおの遊ぶことありけるに、酔ひて興に入るあまり、傍らなる足鼎を取りて、
頭にかづきたれば、詰まるやうにするを、鼻を押し平めて、顔を差し入れて舞ひ出でたるに、満座興に入ること限りなし。
 しばし奏でて後、抜かむとするに、おほかた抜かれず。酒宴ことさめて、いかがはせむと惑ひけり。とかくすれば、首の周り欠けて、
血垂り、ただはれにはれみちて、息も詰まりければ、打ち割らむとすれど、たやすく割れず。響きて耐へ難かりければ、かなはで、
すべきやうなくて、三足なる角の上に、帷子を打ち掛けて、手を引きつゑをつかせて、京なる医師のがり、率て行きける道すがら、
人のあやしみ見ること限りなし。
 医師のもとに差し入りて、向かひゐたりけむありさま、さこそ異様なりけめ。ものをいふも、くぐもり声に響きて聞こえず。「かかることは
文にも見えず、伝へたる教へもなし。」と言へば、また仁和寺に帰りて、親しき者、老いたる母など、枕上に寄りゐて泣き悲しめども、
聞くらむともおぼえず。
 かかるほどに、ある者の言ふやう、「たとひ耳鼻こそ切れうすとも、命ばかりはなどか生きざらむ。ただ力をたてて引きたまへ。」とて、
わらのしべを周りに差し入れて、かねを隔てて、首もちぎるばかり引きたるに、耳鼻欠けうげながら抜けにけり。からき命まうけて、
久しく病みゐたりけり。

問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)足鼎      あしがなえ
 2)帷子      かたびら
 3)医師      くすし
 4)異様      ことよう


2 下線部の動作の主体(主語)として適切なものを、後の選択肢から選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)ただはれにはれみちて、息も詰まりければ、打ち割らむとすれど  (  )
 2)ものをいふも、くぐもり声に響きて聞こえず。          (  )
 3)「かかることは文にも見えず、伝へたる教へもなし。」と言へば   (  )
 4)枕上に寄りゐて泣き悲しめども、聞くらむともおぼえず。     (  )

   ア 鼎をかぶった法師    イ 京の医師    ウ 周りの人々    エ 年老いた母


3 下線部の「らむ」について、文法的な違いを説明しなさい。
 1)童の法師にならむとする名残とて  ラ行四段活用動詞「なる」の未然形の活用語尾+意志の助動詞「む」の終止形
 2)聞くらむともおぼえず。      現在推量の助動詞「らむ」の終止形
 3)命ばかりはなどか生きざらむ。   打消の助動詞「ず」の未然形の活用語尾+推量の助動詞「む」の連体形


4 下線部を現代語訳しなさい。
 1)抜かむとするに、おほかた抜かれず。         まったく抜くことができない
 2)酒宴ことさめて、いかがはせむと惑ひけり。       どうしたらよいだろうか
 3)京なる医師のがり、率て行きける道すがら       京にいる医師のもとに
 4)向かひゐたりけむありさま、さこそ異様なりけめ。     さぞかし風変わりな様子だっただろう
 5)たとひ耳鼻こそ切れうすとも、命ばかりはなどか生きざらむ。 命だけはどうして助からないだろうか、いや助かるだろう


5 この文章の教訓として最も適切と思われるものを後から選んで記号で答えなさい。
                              (  )
  ア 伝え聞いたこと、学んで知ったことは、真の知識とはいえない。
  イ 体を大事にすることも、人を助け、親を大切にすることも、すべて医術といえる。
  ウ 体を傷つけるよりも、心を傷つけるほうが、人を害することはいっそうはなはだしいことだ。
  エ だいたいにおいて、あれこれやっておもしろくするよりは、おもしろくなくても平穏であるほうがよい。
  オ 人は、いつ死ぬかわからないということを、心にかけて、少しの間も忘れないようにするべきである。


徒然草  一覧

練習問題 一覧


ナビゲーション