本文へスキップ

楽古文
徒然草 名を聞くより 問題  
     名を聞くより、やがて面影はおしはからるる  (第七一段)


 名を聞くより、やがて面影はおしはからるる心地するを、見るときはまた、かねて思ひつるままの顔したる人こそなけれ。
 昔物語を聞きても、このごろの人の家の、そこほどにてぞありけんとおぼえ、人も、今見る人の中に思ひよそへらるるは、
たれもかくおぼゆるにや
 また、いかなる折ぞ、ただいま人の言ふことも、目に見ゆるものも、わが心のうちも、かかることのいつぞやありしはとおぼえて、
いつとは思ひ出でねども、まさしくありし心地のするは、我ばかりかく思ふにや

問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 下線部の係助詞の結びの語を指摘して、文法的に説明しなさい。
 1)かねて思ひつるままの顔したる人こそなけれ。     なけれ・ク活用形容詞「なし」の已然形
 2)このごろの人の家の、そこほどにてありけんとおぼえ  けん・過去推量の助動詞「けむ(けん)」の連体形


2 下線部の助動詞の文法的な意味と活用形を答えなさい。
 1)やがて面影はおしはからるる心地するを    自発・連体形
 2)いつとは思ひ出でども          打消・已然形


3 下線部の「し」の文法的な説明として適切なものを、後から選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)かねて思ひつるままの顔たる人こそなけれ。   (  )
 2)かかることのいつぞやありはとおぼえて     (  )
 3)まさしくあり心地のするは           (  )

  ア サ行変格活用動詞の連用形    イ 形容詞の一部    ウ ラ行変格活用動詞の一部
  エ 過去の助動詞の連体形    オ 強意の副助詞


4 下線部の語の文中での意味を書きなさい。
 1)名を聞くより、やがて面影はおしはからるる心地するを   すぐに
 2)かねて思ひつるままの顔したる人こそなけれ。      前もって
 3)まさしくありし心地のするは、我ばかりかく思ふにや。    たしかに


5 下線部を現代語訳しなさい。
 1)このごろの人の家の、そこほどにてぞありけんとおぼえ   そこらあたりであっただろう
 2)かかることのいつぞやありしはとおぼえて         いつだったかあったかなあと思われて
 3)いつとは思ひ出でねども、まさしくありし心地のするは    思い出さないけれども


6 本文中の「おぼゆるにや」「思ふにや」のあとに共通して補うことのできる語を三字で答えなさい。
   あらむ

7 作者が「おしはからるる心地する」「思ひよそへらるる」「まさしくありし心地のする」といっていることについて、それぞれ説明しなさい。
 1)何が「おしはからるる」のか。
    名前を聞いた人の顔つきが推測される。
 2)何を何に「思ひよそへらるる」のか。
    昔の話に出てくる人を、今いる人に比較して思い合わせる。
 3)何が「まさしくありし心地」がするのか。
    今誰かが言ったこと、自分が見るもの、自分の気持ちが、たしかに以前あった気がする。


徒然草  一覧

練習問題 一覧


ナビゲーション