本文へスキップ

楽古文
徒然草 あだし野の露 問題  
     あだし野の露消ゆるときなく (第七段)


 あだし野の露消ゆるときなく、鳥部山の煙立ち去らでのみ、住み果つるならひならば、いかにもののあはれもなからん。
世は定めなきこそ、いみじけれ。
 命あるものを見るに、人ばかり久しきはなし。かげろふの夕べを待ち、夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞかし。つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。飽かず、惜しと思はば、千年を過ぐすとも、一夜の夢の心地こそせめ。住み果てぬ世に、みにくき姿を待ちえて何かはせん。命長ければ辱多し。長くとも四十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。
 そのほど過ぎぬれば、かたちを恥づる心もなく、人に出でまじらはんことを思ひ、夕べの陽に子孫を愛して、さかゆく末を見んまでの命を
あらまし、ひたすら世をむさぼる心のみ深く、もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 この作品の作者と、何世紀に成立したかを答えなさい。
   兼好法師(吉田兼好) ・ 14世紀

2 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)千年       ちとせ
 2)一夜       ひとよ
 3)四十       よそじ


3 下線部の語句の文中での意味を書きなさい。
 1)住み果つるならひならば         ならわし
 2)世は定めなきこそ、いみじけれ。      すばらしいのだ
 3)つくづくと一年を暮らすほどだにも     しみじみと/じっと
 4)飽かず、惜しと思はば          満足することなく
 5)さかゆく末を見んまでの命をあらまし     ますます栄える ・ 期待し
 6)もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。 あきれるほどだ


4 下線部の係助詞の結びの語を指摘して、文法的に説明しなさい。
 1)世は定めなきこそ、いみじけれ。           いみじけれ・シク活用形容詞「いみじ」の已然形
 2)千年を過ぐすとも、一夜の夢の心地こそせめ。     め・推量の助動詞「む」の已然形
 3)四十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。  べけれ・推量の助動詞「べし」の已然形
 4)もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。      あさましき・シク活用形容詞「あさまし」の連体形


5 下線部の説明として適切なものはどれか。記号で答えなさい。
 1)鳥部野の煙立ち去らでのみ、住み果つるならひならば    (  )
 2)夏の蝉の春秋を知らぬもあるぞか。          (  )
 3)つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。    (  )
 4)長くとも四十に足らぬほどにて死なこそ、めやすかるべけれ。 (  )
 5)もののあはれも知らずなりゆくなん、あさましき。       (  )

  ア 断定の助動詞    イ 伝聞の助動詞    ウ 形容動詞の活用語尾    エ 四段活用動詞
  オ 類推の副助詞    カ 限定の副動詞    キ 念押しの終助詞の一部    ク 打消の助動詞
  ケ 過去の助動詞    コ 婉曲の助動詞


6 下線部を現代語訳しなさい。
 1)住み果つるならひならば、いかにもののあはれもなからん。  どんなにものの情趣というものもないことだろうか
 2)つくづくと一年を暮らすほどだにも、こよなうのどけしや。   一年を過ごすだけでもこのうえなくゆったりしている
 3)千年を過ぐすとも、一夜の夢の心地こそせめ。      一夜の夢のような気持ちがするだろう
 4)長くとも四十に足らぬほどにて死なんこそ、めやすかるべけれ。 四十歳にならないくらいで死ぬようなのが見苦しくないだろう
 5)夕べの陽に子孫を愛して、さかゆく末を見んまでの命をあらまし 夕日のように余命いくばくもない身で子や孫に執着して


7 「露」「煙」はどのような比喩に多く用いられるか。理由を含めて説明しなさい。
   はかなく消えやすいことから、命のはかなさの比喩に多く用いられる。

8 「かげろふの夕べを待ち、夏の蝉の春秋を知らぬ」について
 1)この部分に用いられた修辞法は何か。
    対句
 2)作者がかげろうや夏の蝉と対比して強調していることは何か。
    人間の寿命の長さ

9 本文中で、作者の考えが端的に表れている一文を抜き出しなさい。
   命長ければ辱多し。

 

徒然草  一覧

練習問題 一覧

ナビゲーション