本文へスキップ

楽古文
宇治拾遺物語 児のそら寝 問題  
          今は昔、比叡の山に児ありけり


 今は昔、比叡の山に児ありけり。僧たち、宵のつれづれに、「いざ、かいもちひせむ。」と言ひけるを、この児、心よせに聞きけり。
さりとて、し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、片方に寄りて、寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに、
すでにし出だしたるさまにて、ひしめき合ひたり。
 この児、さだめておどろかさむずらむと、待ちゐたるに、僧の、「もの申しさぶらはむ。おどろかせたまへ。」と言ふを、うれしとは思へども、
ただ一度にいらへむも、待ちけるかともぞ思ふとて、いま一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、
「や、な起こしたてまつりそ。をさなき人は、寝入りたまひにけり。」と言ふ声のしければ、あな、わびしと思ひて、いま一度起こせかしと、
思ひ寝に聞けば、ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、
無期ののちに「えい。」といらへたりければ、

僧たち笑ふことかぎりなし。
                                             


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 次の語の文中での読みを現代仮名遣いで書きなさい。
 1)比叡         ひえ
 2)宵        よい
 3)片方         かたかた
 4)無期         むご


2 下線部の動詞の活用の種類と活用形を答えなさい。
 1)いざ、かいもちひむ。              サ行変格活用 未然形 (助動詞「む」は未然形につく)
 2)し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむ         サ行四段活用 未然形
 3)たるよしにて、出で来るを待ちけるに         ナ行下二段活用 連用形 (助動詞「たり」は連用形につく)

 4)寝たるよしにて、出で来るを待ちけるに         カ行変格活用 連体形
 5)ただ一度にいらへむも、待ちけるかともぞ思ふとて     ハ行四段活用 連体形 (係助詞「ぞ」の結びで連体形)
 6)無期ののちに「えい。」といらへたりければ、       ハ行下二段活用 連用形  

3 次の文中の動詞をそのままの形で抜き出し、基本形、活用の種類、活用形を答えなさい。(七語あります)
この児、さだめておどろかさむずらむと、待ちゐたるに、僧の、「もの申しさぶらはむ。おどろかせたまへ。」と言ふを、

  1)おどろかさ  おどろかす サ行四段活用  未然形  
  2)待ちゐ   待ちゐる  ワ行上一段活用 連用形
  3)申し    申す   サ行四段活用  連用形
  4)さぶらは   さぶらふ  ハ行四段活用  未然形
  
5)おどろか   おどろく  カ行四段活用  未然形
  
6)たまへ   たまふ   ハ行四段活用  命令形
  7)言ふ    言ふ   ハ行四段活用  連体形

4 文章中から形容詞を抜き出し、活用の種類と活用形を答えなさい。(六語あります)

  1)わろかり  ク活用 連用形
  2)うれし  シク活用 終止形
  3)幼き   ク活用 連体形
  4)わびし  シク活用 終止形
  5)ずちなく  ク活用 連用形
  6)限りなし  ク活用 終止形

5 文章中から擬音語を抜き出しなさい。また、その語の品詞を答えなさい。
   ひしひし   副詞

6 下線部の語句の文中での意味を書きなさい。
 1)「いざ、かいもちひせむ。」と言ひけるを、この児、心よせに聞きけり。   期待して
 2)片方に寄りて、寝たるよしにて出で来るを待ちけるに、       寝ているふりで
 3)いま一声呼ばれていらへむと、念じて寝たるほどに、         がまんして
 4)あな、わびしと思ひて、いま一度起こせかしと、           情けない つらい
 5)ひしひしと、ただ食ひに食ふ音のしければ、ずちなくて、        しかたなくて どうしようもなくて
 6)無期ののちに「えい。」といらへたりければ、
                ずっと時間がたった後に
 

7 下線部を現代語訳しなさい。
 1)し出ださむを待ちて寝ざらむも、わろかりなむと思ひて、      寝ないのも、よくないにちがいない
 2)この児、さだめておどろかさむずらむと、待ちゐたるに、      きっと起こしてくれるだろう
 3)僧の、「もの申しさぶらはむ。おどろかせたまへ。」と言ふを、   目をお覚ましなさい
 4)ただ一度にいらへむも、待ちけるかともぞ思ふとて、      ただ一度で返事するとしたら、(僧が)待っていたかと思うと困る
 5)「や、な起こしたてまつりそ。をさなき人は、寝入りたまひにけり。」 お起こし申しあげるな
 6)いま一度起こせかしと、思ひ寝に聞けば、
             もう一度起こせよ

宇治拾遺物語 一覧

練習問題
   一覧


 

ナビゲーション