本文へスキップ

楽古文
宇治拾遺物語 絵仏師良秀 問題  
        これも今は昔、絵仏師良秀といふありけり


 これも今は昔、絵仏師良秀といふありけり。家の隣より火出で来て、風おしおほひてせめければ、逃げ出でて、大路へ出でにけり。人の
書かする仏もおはしけり。また、衣着ぬ妻子なども、さながら内にありけり。それも知らず、ただ逃げ出でたるをことにして、向かひのつらに立てり。
 見れば、すでにわが家に移りて、煙・炎くゆりけるまで、おほかた、向かひのつらに立ちて、眺めければ、「あさましきこと。」とて、
人ども来とぶらひけれど、さわがず。「いかに。」と人言ひければ、向かひに立ちて、家の焼くるを見て、うちうなづきて、時々笑ひけり。
「あはれ、しつるせうとくかな。年ごろはわろく書きけるものかな。」と言ふときに、とぶらひに来たる者ども、「こはいかに、かくては立ちたまへるぞ。
あさましきことかな。もののつきたまへるか。」と言ひければ、「なんでふもののつくべきぞ。年ごろ、不動尊の火炎をあしく書きけるなり。
今見れば、かうこそ燃えけれと、心得つるなり。これこそせうとくよ。この道を立てて世にあらむには、仏だによく書きたてまつらば、
百千の家も出で来なむ。わたうたちこそ、させる能もおはせねば、ものをも惜しみたまへ。」と言ひて、あざ笑ひてこそ立てりけれ。
 そののちにや、良秀がよぢり不動とて、今に人々めで合へり。
                                              


問題の答は、反転させると見やすくなります。

1 この作品の文学的ジャンルと、何時代に成立したかを答えなさい。
   説話集 ・ 鎌倉時代


2 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)大路       おおじ
 2)        きぬ
 3)妻子       めこ  


3 下線部の動詞の活用の種類と活用形を答えなさい。
 
1)人の書かする仏もおはしけり。               サ行変格活用・連用形
 2)ぬ妻子なども、さながら内にありけり。          カ行上一段活用・未然形
 3)見れば、すでにわが家に移りて、             マ行上一段活用・已然形
 4)かうこそ燃えけれと、心得つるなり。             ヤ行下二段活用・連用形
 5)かうこそ燃えけれと、心得つるなり。             ア行下二段活用・連用形
 6)この道を立てて世にあらむには、              ラ行変格活用・未然形
 7)百千の家も出でなむ。                 カ行変格活用・連用形


4 下線部の語の文中での意味を書きなさい。 

 1)衣着ぬ妻子なども、さながら内にありけり。         そのまま
 2)ただ逃げ出でたるをことにして、             よいこと
 3)年ごろはわろく書きけるものかな。            長年の間
 4)とぶらひに来たる者ども、               見舞い 訪問
 5)なんでふもののつくべきぞ。              どうして
 6)わたうたちこそ、させる能もおはせねば、          これといった たいした(多く後に打消の語を伴う)

5 次の下線部の動作の主語は誰か。後から選び記号で答えなさい。(重複あり) 
 1)家の隣より火出で来て、風おしおほひてせめければ          (  )
 2)人の書かする仏もおはしけり                   ( 
 )
 3)衣着ぬ妻子なども、さながら内にありけり               (  )
 4)見れば、すでにわが家に移りて                  (  )
 5)おほかた、向かひのつらに立ちて、眺めければ             ( 
 )
 6)人ども来とぶらひけれど、さわがず                 (  )
 7)家の焼くるを見て、うちうなづきて、時々笑ひけり            (  )

  ア 良秀     イ 風     ウ 火     エ 妻子     オ 仏     カ 妻子と仏     キ 見舞いに来た人々

6 下線部の助動詞の文法的意味と活用形を答えなさい。
 1)逃げ出でて、大路へ出でけり。            完了・連用形
 2)衣着妻子なども、さながら内にありけり。         打消・連体形
 3)かくては立ちたまへぞ。               存続・連体形
 4)百千の家も出で来む。               強意・未然形
 5)わたうたちこそ、させる能もおはせば、          打消・已然形
 6)あざ笑ひてこそ立てけれ。              存続・連用形
 7)そののちや、良秀がよぢり不動とて、          断定・連用形(「にや」の後に「あらむ」が省略されていると考えられる)

7 下線部を現代語訳しなさい。
 1)眺めければ、「あさましきこと。」とて、人ども来とぶらひけれど、  大変なことだ
 2)いかに。」と人言ひければ、               どうしたのか
 3)あはれ、しつるせうとくかな               大変なもうけものをしたことだよ
 4)こはいかに、かくては立ちたまへるぞ。あさましきことかな    これはどうしたことか ・ あきれたことだよ
 5)今見れば、かうこそ燃えけれと、心得つるなり。        納得がいったのだ
 6)この道を立てて世にあらむには、仏だによく書きたてまつらば  仏様さえすばらしくお書き申しあげるならば
 7)百千の家も出で来なむ                出てくるにちがいない きっと建つだろう
 8)そののちにや、良秀がよぢり不動とて、今に人々めで合へり  その後であろうか ・ 今でも人々がほめあっている

8 良秀は自分の家が焼けるのを見て、「うちうなづきて」とあるが、その理由にあたる部分を二十字以内で抜き出しなさい。
   かうこそ燃えけれと、心得つるなり。

9 良秀が「しつるせうとくかな」と思ったのはなぜか、説明しなさい。
   自分の家は焼けても、炎の描き方を習得して、すばらしい仏の絵が描けるならば、もうけもので、家もまた建てることができるから。

10 この話をもとに、「地獄変」という小説を書いた、近代の作家は誰か。
   芥川龍之介


宇治拾遺物語 一覧

練習問題   一覧

ナビゲーション