本文へスキップ

楽古文
大和物語 いはで思ふ 問題 
      昔、ならの帝、狩いとかしこく好みたまひけり



 昔、ならの帝、狩いとかしこく好みたまひけり。陸奥国磐手の郡よりたてまつれる御鷹、世になくかしこかりければ、になうおぼして、
御手鷹にしたまひけり。名を磐手となむつけたまへりける。それをかの道に心ありて、預りつかうまつりたまひける大納言に預けたまへりける。
夜昼これを預かりて、とりかひたまふほどに、いかがしたまひけむ、そらしたまひてけり。心肝をまどはしてもとむるに、さらにえ見出でず。
山々に人をやりつつもとめさすれど、さらになし。みづからも深き山に入りて、まどひありきたまへどかひもなし。このことを奏せでしばしも
あるべけれど、二三日にあげず御覧ぜぬ日なし。いかがせむとて、内裏にまゐりて、御鷹の失せたるよしを奏したまふときに、帝ものも
のたまはせず。きこしめしつけぬにやあらむとてまた奏したまふに、面をのみまもらせたまひてものものたまはず。たいだいしとおぼしめしたる
なりけりと、われにもあらぬ心地してかしこまりていますかりて、「この御鷹の、求むるにはべらぬことを、いかさまにかしはべらむ。などか
仰せごともたまはぬ。」と奏したまふに、帝、「いはでおもふぞいふにまされる。」とのたまひけり。かくのみのたまはせて、ことごとものたまはざりけり。御心にいといふかひなく惜しくおぼさるるになむありける。これをなむ、世の中の人、本をばとかくつけける。もとはかくのみなむありける。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)内裏          うち

 2)面           おもて
 3)仰せ          おおせ
 4)本           もと


2 大和物語の文学的ジャンルを答えなさい。
   歌物語

3 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)きこしめしつけぬにあらむとてまた奏したまふに       結びの語は「む」。推量の助動詞「む」の連体形
 2)など仰せごともたまはぬ。               結びの語は「ぬ」。過去の助動詞「ず」の連体形
 3)本はかくのみなむありける。               結びの語は「ける」。過去の助動詞「けり」の連体形


4 傍線部の主語は誰か。下の選択肢から選んで記号で答えなさい。(重複あり)
 1)夜昼これを預かりて、とりかひたまふほどに、         (  )
 2)いかがしたまひけむ、そらしたまひてけり。          (  )
 3)このことを奏せでしばしもあるべけれど、           (  )
 4)二三日にあげず御覧ぜぬ日なし。            (  )
 5)面をのみまもらせたまひてものものたまはず。         (  )
 6)われにもあらぬ心地してかしこまりていますかりて、       (  )
 7)この御鷹の、求むるにはべらぬことを、いかさまにかしはべらむ。  (  )
 8)御心にいといふかひなく惜しくおぼさるるになむありける。     (  )

  ア 帝   イ 大納言   ウ 作者   エ 磐手という名の鷹   オ 磐手のかわりの鷹

5 下線部の「に」の説明として適切なものを選び、記号で答えなさい。
 1)とりかひたまふほど、いかがしたまひけむ、そらしたまひてけり。   (  )
 2)心肝をまどはしてもとむる、さらにえ見出でず。         (  )
 3)この御鷹の、求むるにはべらぬことを、いかさまかしはべらむ。    (  )
 4)御心にいといふかひなく惜しくおぼさるるなむありける。       (  )

  ア 完了の助動詞   イ 断定の助動詞   ウ 格助詞   エ 接続助詞   オ 副詞の一部   カ 形容動詞の連用形の語尾

6 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)いかがしたまひけむ、そらしたまひてけり。     過去推量の助動詞「けむ」の連体形
 2)いかがしたまひけむ、そらしたまひけり。     完了の助動詞「つ」の連用形
 3)山々に人をやりつつもとめさすれど、       使役の助動詞「さす」の已然形
 4)面をのみまもらたまひてものものたまはず。    尊敬の助動詞「す」の連用形
 5)いはでおもふぞいふにまされる         ラ行四段活用動詞「まさる」の已然形+完了(存続)の助動詞「り」の連体形

7 下線部の敬語表現について敬語の種類と、誰から誰への敬意を表しているかを答えなさい。
 1)このことを奏せでしばしもあるべけれど、二三日にあげず御覧ぜぬ日なし。  奏せ=謙譲・作者から帝へ
                                            御覧ぜ=尊敬・作者から帝へ
 2)きこしめしつけぬにやあらむとてまた奏したまふに            きこしめし=尊敬・作者から帝へ
                                            奏し=謙譲・作者から帝へ
                                            たまふ=尊敬・作者から大納言へ
 3)「この御鷹の求むるにはべらぬことを、いかさまにかしはべらむ。」      はべら=丁寧・大納言から帝へ
 4)御心にいといふかひなく惜しくおぼさるるになむありける。         おぼさ=尊敬・作者から帝へ
                                るる=尊敬・作者から帝へ


8 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)世になくかしこかりければ、になうおぼして、           世に類なく ・ この上なく大切にお思いになって
 2)それをかの道に心ありて、預りつかうまつりたまひける大納言に    鷹狩りの道に心得があって
 3)みづからも深き山に入りて、まどひありきたまへどかひもなし。     途方にくれて歩きまわりなさるが
 4)面をのみまもらせたまひてものものたまはせず。          じっと見つめていらっしゃって
 5)たいだいしとおぼしめしたるなりけりと、われにもあらぬ心地して    不届きだ ・ 自分が自分でないような気持ち
 6)かくのみのたまはせて、ことごとものたまはざりけり。         このようにばかり ・ ほかのこと

9 下線部を現代語訳しなさい。
 1)いかがしたまひけむ、そらしたまひてけり。           どうなさったのであろうか
 2)心肝をまどはしてもとむるに、さらにえ見出でず。        うろたえあわてて ・ まったく見つけることができない
 3)きこしめしつけぬにやあらむとてまた奏したまふに、        お耳におはいりにならないのであろうか
 4)「…などか仰せごともたまはぬ。」と奏したまふときに、      どうして何の仰せごともくださらないのですか


10 「いはでおもふぞいふにまされる」について
 1)掛詞を抜き出して掛けられた意味について説明しなさい。
    いはで ・ 「磐手」(鷹の名)と「言はで」(言わないで)
 2)このことばを言ったときの帝の気持ちを推量した一文を抜き出しなさい。
    御心にいといふかひなく惜しくおぼさるるになむありける。

11 「これをなむ、世の中の人、をばとかくつけける。もとはかくのみなむありける。」について
 1)「これ」は何をさしているか。文中の語を抜き出して答えなさい。
    いはでおもふぞいふにまされる
 2)「本」のここでの意味を答えなさい。
    歌の上の句
 3)「もと」の意味を答えなさい。
    元来・もともと



大和物語 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション