本文へスキップ

楽古文
大和物語 山の井の水 問題 
      昔、大納言の娘いとうつくしうて持ちたまうたりけるを



 昔、大納言の娘いとうつくしうて持ちたまうたりけるを、帝に奉らむとてかしづきたまひけるを、殿に近うつかうまつりける内舎人にてありける人、
いかでか見けむ、この娘を見てけり。顔かたちのいとうつくしげなるを見て、よろづのこと覚えず、心にかかりて、夜昼いとわびしく、
病になりて覚えければ、「せちに聞こえさすべきことなむある。」と言ひわたりければ、「あやし。なにごとぞ。」と言ひて出でたりけるを、
さる心まうけして、ゆくりもなくかき抱きて馬に乗せて、陸奥国へ、夜ともいはず昼ともいはず逃げて往にけり。安積の郡安積山といふ所に
庵を作りてこの女を据ゑて、里に出でつつものなどは求めて来つつ食はせて、年月を経てありへけり。この男往ぬれば、ただ一人
ものも食はで山中にゐたれば、限りなくわびしかりけり。かかるほどにはらみにけり。この男、物求めに出でにけるままに三四日来ざりければ、
待ちわびて、立ちいでて山の井に行きて、影を見れば、わがありしかたちにもあらず、あやしきやうになりにけり。鏡もなければ、
顔のなりたらむやうも知らでありけるに、にはかに見れば、いと恐ろしげなりけるを、いと恥づかしと思ひけり。さてよみたりける、
  安積山影さへ見ゆる山の井の浅くはひとを思ふものかは
とよみて木に書きつけて、庵に来て死にけり。男、物など求めて持て来て、死にて臥せりければ、いとあさましと思ひけり。
山の井なりける歌を見て帰り来て、これを思ひ死に傍に臥せりて死にけり。世のふるごとになむありける。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)内舎人         うどねり

 2)安積山         あさかやま
 3)庵           いおり
 4)臥せり          ふせり
 4)傍           かたわら


2 文中に現れる地名について、空欄を埋めて説明を完成させなさい。
  「陸奥国」は旧国名。現在の福島県・宮城県・岩手県・青森県。
  安積山は現在の( 福島 )県にある。( 歌枕 )(=古来歌によみこまれ親しまれた名所)として有名である。


3 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)いかで見けむ、           結びの語は「けむ」。過去推量の助動詞「けむ」の連体形
 2)せちに聞こえさすべきことなむある。     結びの語は「ある」。ラ行変格活用動詞「あり」の連体形
 3)世のふるごとになむありける。       結びの語は「ける」:過去の助動詞「けり」の連体形


4 下線部の「に」の説明として適切なものを下の選択肢から選んで、記号で答えなさい。(重複あり)
 1)せち聞こえさすべきことなむある。               (  )
 2)夜ともいはず昼ともいはず逃げて往けり。            (  )
 3)出でつつものなどは求めて来つつ             (  )
 4)かかるほどにはらみけり。                  (  )
 5)にはか見れば、いと恐ろしげなりけるを、            (  )
 6)世のふるごとなむありける                  (  )

  ア 格助詞    イ 接続助詞    ウ 断定の助動詞の連用形    エ 完了の助動詞の連用形    オ 副詞の一部
  カ ナリ活用形容動詞の連用形の活用語尾    キ ナ行変格活用動詞の連用形の活用語尾

5 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)夜昼いとわびしく、病になりて覚えければ、      ラ行四段活用動詞「なる」の連用形
 2)にはかに見れば、いと恐ろしげなりけるを、       ナリ活用形容動詞「恐ろしげなり」の連用形の活用語尾
 3)山の井なりける歌を見て帰り来て、         存在の助動詞「なり」の連用形
 4)この男往ぬれば、ただ一人ものも食はで       ナ行変格活用動詞「往ぬ」の已然形
 5)死にて臥せりければ、いとあさましと思ひけり。     サ行四段活用動詞「臥す」の已然形+存続の助動詞「り」の連用形

6 下線部の敬語表現について敬語の種類と、誰から誰への敬意を表しているかを答えなさい。
 1)大納言の娘いとうつくしうて持ちたまうたりけるを、      たまう=尊敬・作者から大納言へ
 2)帝に奉らむとてかしづきたまひけるを、          奉ら=謙譲・作者から帝へ
                           たまひ=尊敬・作者から大納言へ
 3)殿に近うつかうまつりける内舎人にてありける人、      つかうまつり=謙譲・作者から大納言へ

7 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)大納言の娘いとうつくしうて持ちたまうたりけるを、      かわいらしくて
 2)帝に奉らむとてかしづきたまひけるを、           大切に育てていらっしゃった
 3)さる心まうけして、ゆくりもなくかき抱きて馬に乗せて      心の準備 ・ 突然に
 4)山の井に行きて、を見れば、             水に映る姿
 5)わがありしかたちにもあらず、あやしきやうになりにけり。    容貌 ・ 見苦しい様子
 6)死にて臥せりければ、いとあさましと思ひけり。        驚き情けないことである

8 下線部を現代語訳しなさい。
 1)いかでか見けむ、この娘を見てけり。            どのようにして見たのだろうか
 2)せちに聞こえさすべきことなむある」と言ひわたりければ、    どうしても申し上げなくてはならないことがある
 3)ものも食はで山中にゐたれば、限りなくわびしかりけり。     この上なく心細かった
 4)山の井なりける歌を見て帰り来て、             山の井戸にあった歌


9 文中の歌について
 1)歌に用いられた修辞法について、空欄に適切な語をいれなさい。
  「安積山影さへ見ゆる山の井の」は( 浅く )を導く( 序詞 )

 2)「人を思ふものかは」の「かは」は何を表すか。
    反語
 3)「浅くは人を思ふものかは」の解釈として適切なものを下から選び記号で答えなさい。
                                     (  )
  ア あなたの私を思う愛情はそんなに浅かったのですね。
  イ 私の愛情は浅いものではなく、あなたを深く愛しているのです。
  ウ あなたの愛情が深いことはよくわかっていました。
  エ 私のあなたへの愛情は自分でも意外なほど浅いものでした。


10 「『あやし、なにごとぞ。』と言ひて出でたりけるを、さる心まうけして」について
 1)出てきた娘の気持ちとして適当と思われるものを下から選んで記号で答えなさい。
                                     (  )
  ア 内舎人が呼ぶのをいぶかしく思い、何を言いたいのか確認しようと思った。
  イ 不審な人物がいると内舎人が知らせようとしていると思った。
  ウ 内舎人の自分への思いに気づいていたので、騒ぐのが恥ずかしくやめさせようと思った。
  エ 内舎人のふるまいが無礼であると思い、罰するつもりだった。


 2)「さる心もうけして」とはどのようなものか選んで記号で答えなさい。
                                     (  )
  ア 娘のことをあきらめてすぐに立ち去ると伝える心づもり。
  イ 娘が出てきたらさらってすぐに逃げようという心づもり。
  ウ 娘が自分の気持ちを受け入れてくれたら、かけおちしようという気持ち。
  エ 娘が本当にすばらしい人であるかを近くで見て確かめたいという気持ち。


大和物語 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション