本文へスキップ

楽古文
大和物語 姨捨 問題 
      信濃の国に更級といふ所に、男住みけり



 信濃の国に更級という所に、男住みけり。若き時に親死にければ、をばなむ親のごとくに、若くよりあひ添ひてあるに、この妻の心、
いと心憂きこと多くて、この姑の老いかがまりてゐたるを常ににくみつつ、男にもこのをばの御心の、さがなくあしきことを言ひ聞かせければ、
昔のごとくにもあらず、おろかなること多く、このをばのためになりゆきけり。このをばいといたう老いて、二重にてゐたり。これをなほ、この嫁、
所狭がりて、今まで死なぬことと思ひて、よからぬことを言ひつつ、「持ていまして、深き山に捨て給びてよ。」とのみ責めければ、
責められわびて、さしてむと思ひなりぬ。
 月のいと明かき夜、「嫗ども、いざ給へ。寺に尊きわざすなる、見せ奉らむ。」と言ひければ、限りなく喜びて負はれにけり。
高き山のふもとに住みければ、その山にはるばると入りて、高き山の峰の、下り来べくもあらぬに置きて逃げて来ぬ。「やや」といへど、
いらへもせで逃げて、家に来て思ひをるに、いひ腹立てける折は、腹立ちてかくしつれど、年ごろ親のごと養ひつつあひ添ひにければ、
いと悲しくおぼえけり。この山の上より、月もいと限りなく明かくて出でたるを眺めて、夜一夜寝られず、悲しくおぼえければかくよみたりける、
  わが心慰めかねつ更級や姨捨山に照る月を見て
とよみてなむ、また行きて迎へ持て来にける。それよりのちなむ姨捨山といひける。慰めがたしとは、これがよしになむありける。


問題の答は、反転させると見やすくなります。
1 次の語の本文中での読みを、現代仮名遣いで答えなさい。
 1)更級          さらしな

 2)妻           
 3)嫗           おうな
 4)姨捨          おばすて


2 信濃の国は現在の何県か答えなさい。
   長野県 

3 下線部の係助詞の結びの語について説明しなさい。
 1)それよりのちなむ姨捨山といひける。       結びの語は「ける」。過去の助動詞「けり」の連体形
 2)をばなむ親のごとくに若くよりあひ添ひてあるに、この妻の心、いと心憂きこと多くて   
              「ある」が結びとなるはずが、接続助詞「に」がついて下に続くことで結びが流れている。


4 下線部の文法的説明として適切なものを下の選択肢から選んで記号で答えなさい。
 1)おろかなること多く、このをばのためになりゆきけり。           (  )
 2)寺に尊きわざすなる、見せ奉らむ。                (  )
 3)かぎりなく喜びて負はにけり。                  (  )
 4)下り来べくもあらぬに置きて逃げて来。              (  )
 5)夜一夜寝らず、悲しくおぼえければ               (  )

  ア 受身の助動詞    イ 自発の助動詞    ウ 可能の助動詞    エ 尊敬の助動詞    オ 完了の助動詞    
  カ 打消の助動詞    キ 断定の助動詞    ク 伝聞の助動詞    ケ 形容動詞の活用語尾    コ 動詞

5 下線部を文法的に説明しなさい。
 1)持ていまして、深き山に捨て給びてよ。           完了の助動詞「つ」の命令形
 2)責められわびて、さしむと思ひなりぬ。           強意の助動詞「つ」の未然形
 3)寺に尊きわざすなる、見せ奉ら。             意志の助動詞「む」の終止形
 4)高き山の峰、下り来べくもあらぬに置きて          同格を示す格助詞
 5)高き山の峰の、下り来べくもあらぬに置きて          可能の助動詞「べし」の連用形

6 下線部の敬語表現について敬語の種類と、誰から誰への敬意を表しているかを答えなさい。
 1)「持ていまして、深き山に捨て給びてよ。」            いまし=尊敬・妻から男へ
                               給び=尊敬・妻から男へ
 2)「嫗ども、いざたまへ。……」                 たまへ=尊敬・男からおばへ
 3)「…寺に尊きわざすなる、見せ奉らむ。」             奉ら=謙譲・男からおばへ

7 下線部の語句の文中での意味を答えなさい。
 1)この妻の心、いと心憂きこと多くて、              不愉快なこと/つらいこと
 2)男にもこの御心の、さがなくあしきことを言ひ聞かせければ、     意地が悪く
 3)おろかなること多く、このをばのためになりゆきけり。         おろそかであること
 4)この嫁、所狭がりて、今まで死なぬことと思ひて、         窮屈がって
 5)やや」と言へど、いらへもせで逃げて、             これこれ
 6)慰めがたしとはこれがよしになむありける。             いわれ

8 下線部を現代語訳しなさい。
 1)この姑の、老いかがまりてゐたるをつねに憎みつつ、        年老いて腰が曲がっていること
 2)「持ていまして、深き山に捨て給びてよ。」とのみ責めければ、    連れていらっしゃって ・ 捨てておしまいになってください
 3)嫗ども、いざたまへ。寺に尊きわざすなる、見せ奉らむ。」      おばあさんよ、さあいらっしゃい
 4)月もいと限りなく明かくて出でたるを眺めて、夜一夜寝られず、    物おもいに沈んでぼんやりと見やって、一晩中寝られず


9 「責められわびて、さしてむと思ひなりぬ。」の「さ」は何をさしているか。現代語で答えなさい。
    (妻のいうとおり)おばを山奥に連れていって捨ててしまおう。
 
10 「慰めがたしとはこれがよしになむありける。」とはどういうことか。わかりやすく書きなさい。
    「慰めがたし」というとき、姨捨山と結びつけていうのは、このいわれによるのだということ。

11 本文の内容と合致するものには○、合致しないものには×を記しなさい。
 ア 男は妻がおばの悪口をいうのはおろかなことだと思い、おばを大切にしようと思っていた。( × )
 イ 男は妻の話をきいておばに対して腹を立てたこともあり、妻に責められておばを山に捨てることにした。(  )
 ウ 男は寺で法要があるからと、おばをだまして山に連れていった。(  )
 エ 男は山の上に出た月を見て、おばを捨てたことを後悔し、すぐに迎えにいった。( × )
   ア 男は妻がおばを悪くいうのを聞いて、おばに対しておろそかにすることが多くなった。
   エ 「すぐに」ではない。「夜一夜寝られず」とある。



大和物語 一覧

練習問題
 一覧



ナビゲーション